グローブライドさんから、早くも新型リールが入荷しました。

T3 MX
です。

b0136703_19234458.jpg


今回入荷したのは、
1016H
1016SH
1016XH
の右巻き3台と、

1016XHL
の左巻き1台です。

ぜひT-WINGシステムの飛距離の伸びを実感してください。
[PR]

by t-nyuka | 2013-02-09 19:28 | ブラックバス

今回は、シマノさんより、ポイズン アドレナをご紹介します。

b0136703_15511198.jpg


シマノでおなじみのスパイラルXを採用し、高いネジレ剛性を特徴とするシリーズです。

キャスト・フッキングなどあらゆるロッド仕事にプラスにはたらく構造です。

さらにカーボンモノコックグリップという新機構を搭載。

振動伝達率が130%にまで向上し、魚信をとるときや底質感知に大きく貢献します。

ルックスもよく、フィネススピニングからベイトフィネス、パンチングロッドまで揃っています。

要チェック!です。
シマノ様アドレナサイト↓
ポイズン アドレナ
[PR]

by t-nyuka | 2013-02-09 16:14

フィッシングショーレポート4回目は、ステラSWを紹介します。

b0136703_19133256.jpg
b0136703_19132339.jpg


今回注目したのは、いままでになかった防水構造の追加です。

シマノさんにおいては、「X-SHIELD」、「X-PROTECT」と呼ばれる機能です。

X-SHIELDは、パッキンやシーリングなどを施して、ボディ内部への海水の浸入を防ぐ機能。

X-PROTECTは、堰のような構造のパーツと特殊グリスを組み合わせて、ローターとボディの隙間からの海水の浸入を防ぎ、回転性能を損なわない機能です。

展示しているものを触らせてもらいましたが、凄みが伝わるというか、耐久性と剛性を感じました。

これは10年モデルチェンジしなくてすむかもしれません!

シマノ様ステラSWサイトで詳細をチェック!↓
ステラSW
[PR]

by t-nyuka | 2013-02-08 19:42 | ジギング

今回は、スプールローターがリニューアルされた、セルテートを御紹介します。

b0136703_2115573.jpg


初期性能の持続性、および耐久性で高い評価を得ているセルテートが部分的な変更を施され、かっこよくなってました。

マグシールドラインローラーと、ザイオン製エアローターにより、軽快な巻き心地と耐久性をさらに追及!

今までのセルテートもアップグレードできるキャンペーンも企画中だそうです。

しかし、このスプールのデザイン、いいなあ~。(*´∀`)

メーカーサイトで詳細をチェック!↓
ダイワ様セルテートサイト
[PR]

by t-nyuka | 2013-02-05 21:22

フィッシングショーレポート2回目は、T3 MXを紹介します。

b0136703_1012818.jpg


兄貴分のT3を使っているのですが、Tウィングシステムの効果で、遠投能力とフリーフォール性能の高さにとても驚きました。

ただ、私の使用しているタックルの範囲ではオーバースペック気味で、回転が良すぎる、飛距離が出すぎるのです。なので、ブレーキはMAXブレーキのダイヤル14~16で使用しています。

私がもっと少ない力でキャストすればいいだけの話なのですが・・。まあ、そのくらい高いポテンシャルを備えたリールです。

で、MXなんですが、ボディはT3と同じだそうです。大きく違うのはスプールくらいだそうです。
なのに実売価格はT3より1万円近く安い!

スプールの違いによってキャスタビリティが多少落ちたとしても、ブレーキとサミングがマイルドになってそれはそれでいいのでは?

これも早く使ってみたいです。o(´∀`)o

詳細はこちらで!↓
ダイワ様T3 MXサイト
[PR]

by t-nyuka | 2013-02-03 10:51 | ブラックバス

2/1に、フィッシングショー業者日に行ってきました。

たくさんの新製品が発表されていましたので、御紹介したいと思います。

まずは、グローブライドさんのところから。

b0136703_20383187.jpg


釣りビジョンを見て、とても気になっていたんです。T3 SV

セッティングを詰めれば、ノーサミングでバックラッシュをしないとのこと。なぜそんなことができるのか、番組に出演されていた野口さんに直接おうかがいすることができました!

T3 AIRの開発を経て磨き上げられた技術と経験が、より実用範囲の広い軽量スプール、SVスプールにつながったとのことでした。

このリール、糸巻き量を少なくしてスプールの重量を小さくすることで、ベイトフィネスにも対応するとのことです。

b0136703_947198.jpg


そして、実際の使用感を、なんと川村光大郎さんにおうかがいすることができました!

フロロカーボンや太いナイロンを使用しているとき、軽量なリグを使用しているとき、向かい風のコンデイションのときなどに、サミングに神経を使わなくてすむこと、トラブルがほぼないことで、ストレスを感じることがなくなり、より集中力を増して魚を追いかけていける、とのことでした。

b0136703_954785.jpg


愉しみであり、遊びであり、癒しでもあるはずの釣りですから、そりゃストレス感じてちゃしょうがないですよね。
私もベイトタックル一本のみでオカッパリをしてたとき、壮大にバックラッシュして心が折れて、肩を落としてフィールドをあとにしたことが何度あったことか・・・。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

なお、今までのT3とスティーズをお持ちであれば、スプールを交換するだけでSVの効果を得られるとのこと。

これは、私もぜひ試してみたいと思います。


こちらもチェック!↓
ダイワ様T3ページ

 
[PR]

by t-nyuka | 2013-02-02 20:46 | ブラックバス